古物商・産業廃棄物許可代行センター » 古物商許可 » 古物商許可取得後の変更手続き

古物商許可取得後の変更手続き

古物商許可取得後の変更手続き

変更届

古物商または古物市場主は、許可申請書に記載した次の事項を変更したときは、14日以内(法人で変更届出事項に係る登記事項証明書を添付する必要があるときは、20日以内)に公安委員会に届け出なければなりません(実際に届け出るのは営業所を管轄する警察署です)。

  1. 営業者の氏名及び住所又は居所(法人ならば名称、所在地及びその代表者の氏名)
  2. 営業者又は古物市場ごとに主な取扱品目の変更
  3. 管理者の氏名及び住所
  4. 古物商の場合に、行商を行うかどうか
  5. 法人の場合には、役員(監査役を含む)の氏名及び住所、辞任や就任
  6. 営業所の増設(新たに管理者を定める必要があります)、移転、廃止、名称の変更
  7. 管理者の変更、住所変更
    ※他府県にも許可がある場合、以下に掲げる事項の変更届は、いずれかの公安委員会に届け出れば、他の公安委員会に届け出る必要がありません。
  8. 許可を受けた者の氏名又は住所の変更(法人の場合には、法人の名称又は法人の所在地の変更)
  9. 許可を受けた者が法人の場合には、全ての役員に関して氏名又は住所の変更

変更に伴う許可証の書換え申請義務

許可証に記載されている事項を変更したときには、変更届のほかに許可証の書換えを申請しなくてはなりません。

許可証に記載されているもの

許可証の書換えはそれぞれの許可証について書換える必要がございますので、各公安委員会へ申請しなければなりません。※書換え申請には手数料が1500円かかります。

URL届出(変更届)

古物商の方が「自身でホームページを開設する」、「オークションサイトにストアを出店する」場合は、開設等から2週間以内に変更届出(URL届出)が必要です。
 
単なる会社のホームページ等、古物に関する情報の記載がない場合や、オークションサイトに1点ずつ出品する場合は、届出の必要はありません。また、届け出たURLを変更した場合、閉鎖した場合も届出が必要です。

始末書について

変更届、書換え申請はなるべく早く提出しましょう。あまりに遅れますと始末書、理由書が必要になるほか、罰則を科される可能性があります。

役員様の変更や住所変更など手続きをしないうちに多くの変更がある場合には、かなり手続きが煩雑になります。こういった場合の対応も実績が豊富にございます。まずはお気軽にご相談ください。

当事務所では許可を取得した後も、それで終わりではなく、変更が生じた際の変更届、変更許可申請や更新許可申請、その他さまざまなご相談に対応しておりますので、許可取得後もご安心ください。

ページの先頭へ
>>【期間限定】産廃許可の取得をお考えの方へ<<

産業廃棄物新規許可取得をお考えの方へ。

講習会申込書及び講習会受講の手引きを無料で配布中

新規での許可を考えられている方は(財)日本産業廃棄物処理振興センターの実施する講習会(収集運搬業の新規課程)を受講する必要があります。 この講習会を受講しないと許可申請ができません。 当事務所では、講習会申込書及び講習会受講の手引きを無料で配布しております。(※関東近県限定)ご希望の方はこちらのフォームよりお申込下さい。
古物商許可、産業廃棄物許可に関する初回相談無料。面談、メール、お電話にて。

環境系行政書士 行政書士法人GOAL

代表 行政書士 石下 貴大
東京都行政書士会所属(登録番号 第08080849号)
〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル503号
TEL 03-5948-7116 / FAX 03-5524-7257
E-Mail info@kankyo-gyosei.com

E-mail相談は24時間 TEL相談は9時~19時まで 土日祝日休み
ただし事前にご相談をいただければできる限り対応させていただきます。

銀座をはじめ東京都23区を中心とした関東エリアで
古物商・産廃許可取得・更新をお考えの方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ
powered by 行政書士HP作成サービス.com